読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

そして僕らは平凡に幸せになった

大変遅れながら、ジャンプで連載していた西尾維新 原作の漫画「めだかボックス」の最終巻を読んだ。

ジャンルは「シュール能力バトル漫画」

文学好きで通してる身としてはおおっぴらに言い辛いが、自分はこの作者さんの10年来の大ファンだ。

 

この人の物語の終わりはいつも決まっている。

天才的だったり、強烈な人格を持っていた人間が、物語の中で人間として成長する。

そして成長と引き換えにその天才的な能力だったり、個性を失って普通の人になる。

 

彼らは『普通の』『幸せな』人になる。

これが少しさびしくて、僕はとても好きなのだ。

 

作中の台詞曰く

「苦労しなければ手に入らないものがあるように、満たされることで失うものもある」

大人に成長すること、普通に幸せになること。それは寂しいことだ。

 

嘘しか言わない虚無主義者が、恋人を大事にする立派な社会人になり、

 

この世を手にしているかのように楽しげな少女ハッカーが、ただの愚鈍な女になり、

 

同級生の口をホチキスで縫い付けた女が、平凡な可愛い彼女になり、

 

息をする様に人を殺した少年が、誰も殺さないままで死んでいく

 

現実でもよく似た例はあるんだろう。

切れそうな位危うげで綺麗だった女の子が、ただの快活な美人になり、極めて自由だった男の子が、極普通のお父さんになる。誰にもそれを非難する事は出来ない。

 『子供の頃使えた ささやかな魔法が使えなくなる』、それだけの話。

 

この人の作品を読み終えるたび、自分はこれまでどんな人間に成ってきて、これからどうなるのだろう、と思う。

 

以下、めだかボックスのなかから、自分のお気に入りの台詞集

 

《差別するなよ。悪い奴を差別する人間は、次に弱い奴を差別する。続いて愚かな奴を差別して、更には強い奴を差別する。》

 《 めだかちゃんは、人を疑うことを知らないんじゃない 。人を信じることを知ってるんだ! 》

《 たとえばの話だけどさあ「人生はプラスマイナスゼロだ」――って言う奴いるじゃん。エリートでも喜んだり悲しんだりするとか、幸福な人間もそれ相応の大変な苦労を積み重ねているとか、だから人間はみんな平等だって言いたいんだと思うけど。でも「人生はプラスマイナスゼロだ」って言う奴は決まってプラスの奴なんだ 。》

 

この漫画のうちのホンの一部だけでも、自分の人生の糧に出来たらすばらしいと思う。

ホントに好きなんだ。