読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

愛情とは何か

日記

祖母が転倒、骨折した、との報を聞いて病院へ。

電話口の母親の話では、今にも死んじゃいそう、と言わんばかりの様子だったが、実際に顔を合わせるに、どうもそこまでの話ではないようだった。

 

薬のせいか、痛みのショックか、表情に乏しく、動きが緩慢な祖母。

動けないので、吸い口で水を飲ませてやり、食事はスプーンで食べさせる状態だったが、それなりに食欲はあるようで、安心した。

 

電話口の母は、薬による内臓へのダメージからの容態の悪化を病的に怖がっていた。

「いつ死ぬか、わからない」とヒステリックに繰り返していた。

 

実際病院に言ってみると、祖母には食事制限もかかっていなかった。

食事制限なし=薬や塩分等をろ過、分解する肝臓、腎臓への負担を考えなくていい状態  だろうから、母の心配は杞憂なんだろう。

実際聞いてみれば、母の懸念はお医者さんに言われたことでなく、自分の考えだそうだ。

正直、どっと疲れる。

 

まぁ、実の母親が怪我したんだし、大目に見るべきだろうけど。

 

肉親のことになると理性が全く働かない性格、不安に対する耐性が低く、すぐ誰かにぶちまけてしまう、こらえ性のなさ。

この二つを「愛情深さ」と勘違いしていることをいつか指摘しなければ、とは思う。

弟に医学部行きを強制した「愛情」のことについても。

 

母親のこういう面を見る時、いつも「愛情とは何か」を疑問に思ってしまう。

取り敢えず指摘すべきは今ではない。