読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

僕たちは、なぜ豊かに暮らしているのか

会社の会談の踊り場で製造の親方と話した。「はやくイイ物を開発して、地元の工場を盛り上げてくれな。」。

日本拠点の工場には仕事がなく、人余りだと聞く。

 

ウチの部署には二つの流れの製品がある。

一つは日本の工場が作った日本向け製品。

一つはアジア拠点で現地従業員が作成した海外向け製品。

 

僕がテストしたところ、この二つには何の性能差も見られなかった。総ての製品で。

 

海外拠点の労務費なんて、日本の数分の一に過ぎない。

僕らはなぜ他の国の人より豊かに暮らしているんだろう?

僕らは何を持って自分の豊かさを正当化しているんだろう?

 

職業に貴賎なし、とはよく言うけれど。

発展途上国の人間と同レベルの仕事をしている人が、先進国に生まれたってだけで豊かに暮らすのは、恥ずべきことなんじゃないか。

 

中国人の給料が上がり、日本人の給料が下がる。

グローバル化が進む限り、流れは止まらない。

先進国:10の貧しさ、発展途上国:90の貧しさ だったのが

先進国:20の貧しさ、発展途上国:65の貧しさ、になるだけ。

 

日本人の多くは認めないだろうけれど、世界はより平等幸福なりつつある。

不幸になるのは、いままで理由も無く豊かだった人だけ。

 

工場のだけじゃない。将来は僕らみたいな研究開発だって現地化するだろう。

製造業だけじゃない。医療、インフラ、農業、サービス、ありとあらゆる分野が、別に日本人でなくとも良くなるんじゃ無いだろうか。(取って代わるのがロボットやITかもしれないが。)

 

「お前らはどういう理由があって、そんなに豊かに暮らしているんだ?」

我々全員が、そう問われている。