読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

その嘘は君に任せた

日記 詩歌

友人から急に短歌のお題が届いた。

『その嘘は君に任せたー』以降を作ることに。

 

短歌を作り始めて2,3ヶ月の人の割に、面白い出だしだと思う。

いろいろ発展性がある。

 

このお題を聞いて、すぐに浮かんだイメージはあるんだけど、それが言葉にできない。

 

イメージ

・高校生くらいの男の子、女の子がいます。

・二人は恋人同士です。

・この恋愛関係を成立させてるモノのうち、ファンタジーっぽく、かつマジカルな要素を『嘘』と表現しています。

・二人の共通了解である『嘘』を再確認するため、相手に投げかけています。(楽しそうに)

 

コレが5・7・5・7・7に転換できない・・・ので俳句にしてみた。

 

『その嘘は君に任せた夕蛙』

 

カエル、嘘ついてもゆるされそうじゃん?

(カエルの写真を張ろうとするも、蛙が苦手すぎて写真を直視できない・・・。)