読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

いきすぎた友達

音楽

柴田聡子「いじわる全集」を購入。

収録されてる『いきすぎた友達』が素敵過ぎてエンドレスで聴いてしまう。

ぽかんとした歌い口、繰り返すシンプルなフレーズ。

強烈ではないが、心地よい日常的なイメージがぽんぽんと浮いてくる。

 

いじわる全集~初回限定盤

いじわる全集~初回限定盤

 

 

柴田聡子-いきすぎた友達MV

https://www.youtube.com/watch?v=GiVMtuTvO5g

 

’’わたしたち いきすぎた友達 盆も正月もいっしょ’’ という二人組。

なんとなく女友達二人を想像していたが、どうも男女のようだ。

 

この二人の関係性を色々想像してしまえるのがいい。

 

幼馴染なんだろうか。

’’タンスの中に隠れてきっかけは恐竜図鑑”

’’人形の真似がうまいから あのパンダの役は’わたしが’’

 

仲が良いが、心地よい距離感。

’’離れがたくはあるけれど 離れてしまえばそれはそれで あとはたのしい約束をまいにちまいにち電話でしよう’’

’’あれは台北旅行の計画 遠出するのはいきすぎてる 何度も言ってるでしょ’’

 

後半では、二人のイメージに変化が・・・? 単純な幼馴染じゃない!?

’’服を着る前になにをするかわからないのなら 教えようか 素直にわからないと言ってくれたら’’

’’わたしたち知らなくてもいいことだらけだと思うんだけど’’

’’おとなりさんのまぼろし信じて’’

 

人によってすごく解釈の幅が出そうなところがまたよい。

こういうのを豊かなイメージを持つ歌というべきなんだろう。

 

’’きみんちの父さん母さんのウォーターベッド踏みつけて 海でも湖でもないここでこっそり水遊び’’のくだりが一番好きだ。

 

お勧めの一枚。