読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

被害者の目と手

職場に新しい人が異動してきた。人減らしを行った隣の職場から。

にこにこと笑う、優しそうな男の人だった。一緒にお茶を飲む。僕もにこにこと笑う。

 

「会社の都合であっちこっち遣られて、大変ですね。」

「いえいえ。不慣れでご迷惑をおかけしますが、新しい所でがんばります。」

 

組合の人は言う。「いままで一生懸命会社に尽くしてきた人には、最大限の保障と説明をしろ」。みんなも口々に言う。自分が今までどんなに一生懸命仕事をしてきたか。部署を移動することが、どれだけ自分の生活を壊してしまうか。

 

うちに新しい人が異動してきた。つぶれそうな部署がある限り、これからも新しい人が増える。自分の部署が持てる人件費には余裕が無い。

 

これで僕の部下が正規の待遇を得る可能性がほぼ消えた。

異動してくる人と同レベルの仕事をし、彼らよりもウチで長く働いていた人たち。

 

彼はにこにこと笑う。僕もにこにこと返す。

 

どうしてみんな、自分を被害者に置きたがるのだろう。

どうしてみんな、自分の手が何を奪っているか見ないのだろう。

 

『私の目は被害者の目 私の手は加害者の手』 鬼頭莫宏