読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

風に向かって書けたら

「風のために何かが書けたら、どんなに素敵だろう」

これは村上春樹だったろうか。

 
少し前に30才になった。
 
一日に考えたこと、一日に感じたこと。このまま誰にも何も話さずに過ごすのは、正しいことなんだろうか。
この疑問から、ブログをはじめることにする。
 
ここに書くようなことは、ホントならば壁に向かって話すべき事だ。
そんなことばかりが増えていく。
まだ風のために何かを書くことはできそうに無い。