読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風に向かって 壁に向かって

風に向かって書くように。壁に向かって話すように。日記や考え事の中身を書いたり、気に入ったものの紹介をしています。どちらかといえば個人的に。

日記

7月31日のソーダ水

海がすべてソーダ水になればいい。 空の上で栓の抜ける音がすればいい。 黒々と青い海の水も。 子供の汗ばんだ白いシャツも。 塩辛い空気も。 ガラス瓶の中で全てが混じればいい。 栓抜きのポンって音がする、その時に。 江の島に行ってきました。タイトルは…

海の日の

海の日のどこを切り取っても夏 (yama) 山頭火風の俳句にしてみた。 山梨のほったらかし温泉。日の出を見に来たことはあるけど、日中は初めて。 もう一句 海の日やええおっさんの赤帽子 yama 赤帽子かぶってもいいじゃない。海の日だもの。 写真を撮ろうとし…

雨を呼ぶ土

『雨を呼ぶ声する土を踏みて行く カバンも傘も靴すら捨てて』yama 短歌を作ってみた。 夕方、久しぶりに雨を全身に浴びて帰った。 畑近くを通ると周囲一面から土の匂いがした。 全身に雨を浴びてみてわかった。 まわりの濃い空気も土も、余熱を捨てきれない…

豪遊する

仕事が無い日は行くとこなーい、って歌いたくなる感じの一日だったので、偶には豪遊してみた。 まずは、メイン目的の秋シャツ探し・・・は百貨店やら色々探すも全く気にいらず。代償行為として、一目見て気になった南米風のポンチョを購入。 これ、いつ着る…

今日のwhyなぜ

今日のwhyなぜ Q:「どうして巨大イカは存在するのに巨大タコは存在しないの?」 ダイオウイカとかいるのにさぁ・・・。 Yama's answer(仮説): A:「イカは外洋、深海型、タコは近海、浅瀬型が多いから。」 イカって水中をスイスイ泳いでますけど、タコっ…

その嘘は君に任せた

友人から急に短歌のお題が届いた。 『その嘘は君に任せたー』以降を作ることに。 短歌を作り始めて2,3ヶ月の人の割に、面白い出だしだと思う。 いろいろ発展性がある。 このお題を聞いて、すぐに浮かんだイメージはあるんだけど、それが言葉にできない。 イ…

「人類は衰退しました」の真実。妖精さんが表すもの。

「人類は衰退しました 9」読みました。まさかの最終巻。 人類は衰退しました 9 (ガガガ文庫) 作者: 田中ロミオ 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2014/06/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (7件) を見る 科学も都市も学校も貨幣もなくなった未来。 里…

誰も永遠には生きない その2

実家に戻りご飯を食べて、風呂に入ったあとに再度病院へ。 祖母の夜間付き添い。 祖母の病室へついた途端、叔母が言った。 「お前には付き添いは無理かもしれない。」 どうも祖母の様子が尋常ではないとのこと。 いきなりうわ言を言って、ぞっとする大声量で…

誰も永遠には生きない その1

入院中の祖母に付き添った。 吸い口から水を与え、口に食事を運ぶ。 食べ終わったら、入れ歯を外してうがいをさせ、口内に食べカスが残っていないか確認する。 口を動かす祖母は、どうにもボーっとしていて、僕のことを認識していない風情だった。痛み止めか…

愛情とは何か

祖母が転倒、骨折した、との報を聞いて病院へ。 電話口の母親の話では、今にも死んじゃいそう、と言わんばかりの様子だったが、実際に顔を合わせるに、どうもそこまでの話ではないようだった。 薬のせいか、痛みのショックか、表情に乏しく、動きが緩慢な祖…

こどもの夢と憂鬱

連休返上しての学会発表が終わり、アジアでの事業立ち上げ用の新製品も、今日初めてまともな形になった。 なんて書くと出来る人っぽいけれど。ただ平々凡々と毎日を生きているだけではある。 ちなみに学会では、僕らの新手法のうわさが回っているらしく、発…

なかなか人間シリアスにはなれない

日曜日くらいから、ニュースを読む時間が増えた。 もちろんウクライナについて。 おとといあたりから急にトーンダウンしたけど、日曜日時点では「9.11以来の大事件じゃん!」とか「いまさら冷戦のリベンジマッチかよ 」とか、本気でビクビクしてた。 しばら…

雪の影の色、穴掘り

記録的な大雪。ここしばらくは家で会社で雪掻きばかりしていた。道路が全面封鎖されてスーパーにもモノが全く入らないので、作り置きのカレーばかりを食べている。 1mくらい積もった雪を掘る。その間、ずっと物語の中の穴掘りのシーンを思い出していた。「ニ…

針葉樹林だった頃から

雪が降っている。 埼玉とは思えない大雪。午前は散歩がてら会社に行って、ちょっと仕事をした。会社まで歩くのが、以外に楽しい。 工場敷地内の坂で、子供たちがそり遊びをしていた。「すごい滑るね。」と声をかけたら、いそいそと何処かに行ってしまった。 …

そして僕らは平凡に幸せになった

大変遅れながら、ジャンプで連載していた西尾維新 原作の漫画「めだかボックス」の最終巻を読んだ。 ジャンルは「シュール能力バトル漫画」 文学好きで通してる身としてはおおっぴらに言い辛いが、自分はこの作者さんの10年来の大ファンだ。 この人の物語の…